トラウマ アルコール依存症 暴力

Image Replacement

アル中の親の暴力で苦しんだ過去と決別するマニュアル

アルコール依存症の親からの暴力はトラウマとなって大人になってもなかなかその心の傷から解放されない人が大勢います。苦しんでいるのはあなただけではないのです。この方法であなたも過去のトラウマから解放されて幸せになって下さい。

アルコール依存症の親

k-12.gif

小さい頃から気がつくと父親が夕方から夜にかけて酒を飲み、会社でのうっぷんやストレスを晴らすために自分より弱い立場の家族に暴力をふるい、安心できるはずの家庭という場が他の家族にとっては身体的にも精神的にも危険な場所になっていたという経験を持つ人は大人になってからもそれがトラウマとなって苦しんでいると思います。

自分の感情をコントロールできない人間的に未熟な人はお酒が入ると人が変わったように暴れまくるという行為を家族に行うのですが、その人もまた父親などがアルコール依存症で子供の頃に暴力を受けて育った経験があることが多いのです。

アルコール依存症でなおかつ家庭内暴力をふるう人はお酒の入っていないしらふの時は優しかったり自分で傷つけた奥さんの傷をいたわったりする傾向があります。

常に暴力をふるわれていてもそういう時があると奥さんのほうもなかなか別れる決心がつかないという状態が続きます。
もちろん子供にとってはいい環境ではありません。

父親が母親を殴るだけではなく、自分自身も父親に殴られて苦しんだ人もいるでしょう。
お酒を憎み、父親を憎み、父親と別れてくれないで危険な状態を継続させている母親のことも憎む場合があります。

もうすでにその親とは別に暮らしていてもそのトラウマが簡単に消えることがないため、今でもその傷を抱えて生きている人が大勢いますが、その自分自身の心の傷を癒さないとあなたの子供の世代にもその負の連鎖が続いてしまいます。

もしあなたが女性ならご主人が急に声を荒げたり怒った時、物に当たったリした場合に、昔の記憶がフラッシュバックしてパニックになることもあるでしょう。
心臓はバクバクして手には脂汗がにじみ、全身が凍りついたように動けなくなることもあると思います。

それが例えば他の人が怒鳴られたりしても、自分が怒鳴られたかのように体が反応してパニックになる人もいます。

とくに親から身体的な暴力・虐待を受けて育った場合は自分で心の傷と向き合い、癒しをして心の傷から回復しないとたびたびパニックを起こしてしまう可能性があります。

もしあなたが男性ならカッとした時に気づいたら奥さんや子供を叩いていたということがあるかもしれません。

あれほど憎んでいた父親と同じことを自分も無意識にしてしまったことで自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。
それがもっとエスカレートしていくのではないかと不安になることもあるでしょう。

絶対にあの親のようにはならないと思っていたのに同じことを繰り返している自分に気づいたなら、今すぐ心の傷を癒す決心をしてください。

家庭内暴力で苦しんだ過去と決別するためにも今、自分の心の傷と向き合うことが大切です。

機能不全家族

アルコールや薬物、ギャンブル、浮気、借金、仕事、買い物、非行、摂食障害などにのめりこんでやめられなくなり、自分や他人に害を及ぼすような行動を繰り返す依存症(アディクション)にとらわれている人のいる家族を指して機能不全家族といいます。

この機能不全家族で育ち、自分やまわりの人たちに問題を引き起こし、生きづらさを抱えている人たちのことを「アダルトチルドレン」(AC)といいます。

もちろん完璧な家族などほとんど考えられません。

たいていどの家庭でも問題を抱えて生活しているものです。

そこからいろいろなことを学び人間として成長していくのですが、あまりにひどい機能不全家族で育つと「普通」という感覚を知らずに育ちます。

また両親から少しも愛情をかけられずに育つ場合もあります。

父親からは殴られ、母親からも庇ってもらえず育った子供は人間を信用できなくなります。
無条件に愛されるということを経験しないで育つと、自己評価も低く、自分を愛するということができなくなるのです。

自分を愛する、大切にするということができないと他人は愛せません。
ありのままの自分を受け入れることからまず癒しが始まるのです。

あなたを変えるレポート

自分の生き方に
自信がない・・・


でもこのままで
いいんだろうか・・・


いや、いいはずがない!

自分を変えてもっと人生を楽しみたい!

そんなあなたに読んでほしいレポートです。

今なら無料で手に入れる事ができます。

>>レポートを無料で
手に入れる!<<


副作用なし!!
不眠症で悩む人や
朝スッキリ起きられない人に!

⇒■睡眠障害の改善に!
光目覚ましPER3